スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
南米旅行ーウユニツアー
2012 / 04 / 14 ( Sat )
まずは、宿をまわって参加者を集めてくれます。


このバスで、アタカマで出国し、ボリビア国境まで行きます。

ここでボリビアに入国して、ツアーの朝食を食べました。
帰ってきた人と一緒に食べるので、入国している間に、なくなっている食べ物もありました。早いもの勝ちです(^_^;)

そして4~7人に分けられ運転手が決まります。

私たちは、4人で行ったのですが、さらにスイス人のご夫婦と6人プラス運転手でした。
荷物は上に積んで、出発です!


宮城や岩手で乗っていた車みたいです(^^)

あとで他の人と話して知りましたが、運転手に当たりはずれがあります。
私たちは、コカの葉を噛みっぱなしで運転も暴走気味の、若者運転手で、ちょっとはずれだったのかな~…。

アンデス越えて行く景色はすばらしいものでした。






そして一泊目の宿です。
トイレはドラム缶に汲んである水を使って自分で流します。
お風呂なし、相部屋です。

私は高山病で頭痛と息苦しさで、寝ていたというより倒れていたので、お風呂なくても誰が寝ていようと関係ありませんでしたσ(^_^;)



二日目も4000mから5000mをすすんで行きます。






途中の町で昼食をとり、夕方にウユニの町に到着しましたが、宿が決まっていなくて、運転手のへススが怒鳴っていました。

ウユニで夕陽が見れるって申し込みの
時は言ってたのに、他のウユニへ行けていないグループをウユニに連れて行くことになったから、ここで待っててと置いていかれました。

そしてへススがいない間に宿が決まり、おばあちゃんの案内で、荷物を背負って歩いて1km以上歩きました。

夕食にへススが迎えに来ると言われ、時間に待っていると、いくら待っても来ない。ホテルの人に連絡してもらうと最上階のラウンジで1時間後と言われ、その時間に行くとスイス人のご夫婦が先に来てて、ホテルに泊まっていたフランス人の若者と話していました。フランス人の若者は日本語も勉強し日本にも来たそうで、スイス人のご夫婦と私たちの間で通訳してくれました。

待っても来ないので、自分たちで食べに行こうと下に降りると夕食にホテルの人が乗せて行くと言われ、宿かわ決まるまで待っていた場所で食事でした。
そこはへススの家で、ウユニ側の代理店をしているのはへススの家だということが分かりました。

夕食を食べるだけでぐったり!
食事付きじゃないほうが楽な気がしますが、全部ついているんです。

次の日は朝日を見ると、ホテルの人をおこして外に出たのに、へススがやってこず、また電話してもらうと、父親が迎えに来て、へススは寝坊したと…。

朝日も見れず、朝食の後にウユニに向かいました。
ウユニでは奥の真っ白のとこまで行ってくれました!







まずは、ウユニでの楽しみを一つできました!

あとは鏡になるところへ行ってほしいと思っていたら、
遠くて時間がないから行けないと(T_T)

がっかりとしょうがないかと思うのが、行ったり来たりでした。

コルチャニでお買い物タイムです。

アルパカのマフラー30ボリとウユニの塩1ボリを購入しました。
1ボリが11円です。

この同じマフラーがチリのアタカマに帰ると800円位になり、チリのサンディエゴの空港で3000円になっていました。もっと買えばよかったのかな(´・_・`)


そして、またへススの家で昼食です。
そこで、他のグループだった日本人の女の子に会い、写真を見せてもらうと、鏡になっているウユニも朝日も写っていました。
同じお金を払って差がありすぎ…。

ということで、少し苦情を。
仕方ない感じで、行ってくれましたが、日中の暑さで水が蒸発して、一面鏡とはいきませんでした。




でも水が蒸発した直後しか見れない塩の模様も見れたし、よかったです(^-^)


そして
急いで出発です。
チリのアタカマに帰るのは、私たちと日本人の女の子の5にんでした。
帰りの運転手のビリーは、ボリビアを愛するおじさんで、安全運転だし、山がキレイと言えば止まってくれるし、
行きとは大違いでした。
泊まるところについたのは夜になってしまいました。軽食を食べて就寝。

朝5時出発と言われていましたが、朝は発電機が動いていないので、携帯ライトで準備をしました。

ビリーが10分前に起きてるか確認しにきてくれました。

だんだん明るくなり、ステキな景色を見ながら、ビリーがスペイン語でペラペラと説明してくれますが、スペイン語が少し分かる妹が体調悪かったので、分かる人なしだったけど、ビリーはいつでもスペイン語で語ってくれてました。


途中でガソリン補給。

朝8時過ぎに最初のボリビア国境につき、出国していたら、行きのバスに今日出発の人たちがやってきました。

2泊3日90000チリペソ (15000円くらい)の過酷な色んな意味で思い出深いツアーでした(^^)
スポンサーサイト
20 : 35 : 23 | 日常 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。