スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
南米旅行ーイグアスの滝(アルゼンチン側)
2012 / 04 / 07 ( Sat )
フォスドイグアスのバスターミナルの外側にプエルトイグアス行のバス停があります。
バスに乗る時に運転手さんに、滝に行くことを伝えました。

アルゼンチン側の国境で荷物検査がありましたが、バスも検査があるので、手荷物だけの私たちは同じバスに乗れました。
大きな荷物がある人は置いていかれ次のバスに乗るそうです。

プエルトイグアスの市内のバスターミナルまで行くバスでしたが、市内に入る手前の通りで、運転手さんが「滝に行く人は降りて」と言い、聞くと、「向こうから来るバスで行くと早い」と言われました。

バス停も何もない日なただったので、少し不安でしたが、すぐに滝行のバスが来ました(^^)

アルゼンチン側のイグアス国立公園もブラジル側と同じように自国民、近隣国居住者、旅行者で入場料が異なり、旅行者は120ペソでした。

アルゼンチン側は、昨日ブラジル側から見た滝を間近で見る感じです。

滝に突っ込むボートもあります。そのボートに乗るのに120ペソかかりますが、もう来ないだろうから、乗っておこう!とチケット買って並びました。

水着に着替える人も数人。でもわずかです。カッパを着ても意味ないと聞いていたので、そのまま乗りました。
fc2blog_2012040721371704c.jpg

小さな滝に突っ込んでから、↑の滝に突っ込むのですから、カッパが意味ないわけが分かります。

でもこの日は、晴れだったので、服も歩いているうちに乾きました。



島への渡し船は入場料に含まれています。



4kmにわたる滝の一つ一つを歩いて見るのが、アルゼンチン側です。
滝の迫力を楽しむ感じです。

最後に、大迫力の悪魔の喉笛へ。
240.jpg
風向きがよく、展望台でぬれずにすみました(^_^)v
スポンサーサイト
20 : 47 : 18 | 日常 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。