スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
仲良しになれるかな
2009 / 05 / 21 ( Thu )
イアン・ダンバー博士のセミナーが6月にあります。興味のある内容が扱われるから聞きに行きたいなぁって妹に話したら、「おねえちゃんはトレーニング用語も分からないし、理解できないからもったいないよ!」って言われました。

そうかもしれない。。。

興味があるのは「『ケンカ&咬みつきのトレーニング法』 -支配性の不適合、罰の副作用- 」っていうのです。

つばきはたまにオウを噛むことがありました。
噛む瞬間が分かるようになってはきていました。でもその前に止めることができずにいました。

↑そのセミナーの内容の説明の中に「他のイヌをいじめたがるイヌには、行動の後すぐに、常に一貫したフィードバックをして、良い遊びと悪い遊びの区別をつけさせる」ってありました。つまり以前のように仲良くなれないのは、わたしのフィードバックが悪いってことです。

それで妹と一緒に分析しました。
最初に噛んだのはいつか。どう対応したか
びっくりして、つばきを押さえつけました。オウを追いかけないようにオウが外のサークルに逃げたから部屋の窓を閉めました。
でもつばきにとってどう感じたか
オウを噛んだら抱きしめられた。そしてオウが外に追い出された。
噛むのはどんな時か。
オウに「ダメ」という言葉を私たちが使う時。つばきが行きたい先にオウがいる時。

それでこのセミナーのお知らせが送られてきた3月頃から、つばきがオウに近づいて唸る前に「イイコ~」って褒めて、一緒にクンクンしたりしたらすっごく褒めて、ちょっと唸ったら口をパンって軽くたたいて「ダメ!」って唸るのをやめさせるようにしました。

そしたら噛まないんです。
でも安心はまだまだできません!

わたしの行動がつばきに悪い学習をさせてたなぁとつくづく反省しました。

一緒にクンクンイイコだね(^^)
2009_05200001.jpg
つばきちゃん、そっちに気になるにおいがあるよ!


オウが真ん中に安心して入れるようになれるとイイね!
2009_05200005.jpg
まだ遠慮しときます。。。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
18 : 35 : 22 | 日常 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。