スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
心が痛くて・・・。
2008 / 10 / 27 ( Mon )
3週間ほど前に、たまたま通りかかったところに目を疑う姿がありました。

比較的立派なサークルにうん●がいっぱい。足の踏み場もないほどです。
犬小屋の中を見ると無反応のゴールデンレトリバーが、目線も合わさずぼーっとしています。短毛種ならそれほどでもないのかもしれませんが、ゴールデンであるだけにボロボロに見えました。

そのゴールデンを見てからというものの、わたしがぼーっとしてしまい、頭の中で思い出してばかり。考えるのをやめよう!って思ったりしても思い出してしまうんです。

それで飼い主さんに会ってみよう。と思うようになりました。それからそちら方面に用があるたび、用がなくても時間があけば行くようになりました。夕方行ってみたり土日に行ってみたり、でも留守なんです。
会うたびにそのゴールデンは反応するようになっていきました。最後の方はわたしの車が来ると外に出てきてしっぽをブンブン降るようになりました。
こんなに犬を期待させてしまっているのに、私がやめちゃったら犬にも悪い。と思ってメモを残してきました。要約するなら「そうじをしてあげたい」ってことです。どうしても拒否するようなら電話をくださいって書いてきました。

そしてドキドキしていたのですが、電話はないし、晴れている日に休みができたので、友人と一緒にそうじに行ってきました。バケツいっぱいのうん●や犬の毛を取り除いた後、その家の水道ホースでジャパジャバ洗い、EMを使って洗い、犬にもEM&ブラシをしました。拒否はしなかったものの積極的な許可は得ていないから犬はできるだけ毛をとったくらいでやめました。

サークルはとってもきれいになりました。すごくよくできているサークルで勾配も水がたまることなくきれいに排水だれるようになっています。きっと事情があって世話が難しいのかもしれないなぁと感じました。

そしてその日の夜、でかけて帰ってくると留守電が!
聞いてみると、感じのいい人の声で感謝の電話でした。
次の日の電話でも、世話ができなくて(たぶんどんどんひどくなって)考えちゃっていたことやトレーニングを自分でしていたこととか11歳の老犬であることなどなど色々と話してくれました。
通った時に寄って世話をお手伝いする、許可も得ました。必要なものは言ってくれれば揃えておくって言ってくれました。

仕事が忙しくて思うように世話できない気持ちはちょっとだけ理解できるし、自分のプライドより犬を大事に思っている人だと思ってお手伝いも喜んでできそうです。

そのあと、1度行ったのですが、間に1,2回はうん●を処理した様子がわかりました。犬もイキイキして飼い主さんと接していれば、また散歩したり喜ぶことしてあげたいって自然に思うようになるかもしれません。
思い切って行動した結果がいい方に転がってよかったです。
悩み悩みの今月半ばのできごとでした♪
スポンサーサイト
14 : 21 : 56 | 日常 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。