スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
交通事故
2010 / 07 / 30 ( Fri )
半年近くブログ放置してしまいました(^_^;)

仕事が忙しくなり、写真撮ってないしなぁ~と更新しないでいることに慣れてしまいました(>_<)


3月21日に事故で車が大破してしまいました。両親と友人を乗せていたのですが、幸いなことに車の姿の割に人は無事でした。そのことはホントによかったです。

青信号を見て交差点へ入ると、右からスピード感のある物体が視野に入り、「青なのになんで~!!!」と叫んだと同時くらいに後ろに突っ込んできました。その瞬間、目の前にブロック塀が見え、とっさに思いっきりハンドルを左にきったら、何か(たぶん縁石)に乗り上げ車が飛んだと思ったらガードレールに突っ込んで止まりました。

同乗者が無事(生きている)なことを確認してから、車を降りて交差点へ行くと相手の車らしいものがなくて、逃げられたかと思いパニックしました。

車に戻ったら同乗者が降りていたので、相手がいないって言って、みんなで交差点の方を見ると、胸を押さえた年配の女性がいたので、あの人かなと思って近づくとその人も近づいてきました。

そしたら、
「なんで出てきたんですか、私が青だったのに」って言うんです(-_-)
「何言ってるんですか、青だったのは私ですよ!」って言うと、
「だって、ほら信号青じゃないですか!」って自分の方の信号を指さしました。
そう言われて信号を見てから、
「この信号こんなに長いんですか?ずっと青信号なんですか?そんなわけないでしょう。」と言って、
また信号を見ていたら、少したってから青から黄赤と変わりました。

そして警察に連絡。救急車もお願いしました。

私以外に同乗者で車がぶつかってくるのを直前に見たのはひとりでした。私とその友人は大丈夫だったので事故現場に残り、他の人は救急車で病院に行きました。

事故の相手は60代の女性。相手の乗っていたスカイラインも前横大破しました。


警察は現場検証してて、私が後ろにぶつかってきたって言っても、聞いてくれなくて、車の向きと止まっている位置からこうぶつかったって決まってるって言うんです。聴取の時も説明してもダメでした。

事故の時はパニック起こして記憶が完全ではないと言われて、違う~って言い続けても、「信号無視に突っ込まれたんだから、信号無視がいけないんでしょ?前にぶつかっても後ろにぶつかっても原因は信号無視でしょ!」と。
私の気分的に全然違うんですけどね。

私の記憶を秒数でまとめて信号のサイクルから、私が青だったっていう私の主張と、
相手の記憶を聞いた内容をまとめて相手が青だったという主張をワープロでまとめた上に相手の記憶の疑問点を記入して保険屋さんにファックスしたり、警察に持って行ったりしました。

最後の聴取の前に、事故現場の近所の方をまわって聞いて歩いたら、相手の記憶が違って私の記憶を裏付ける証言が得られたんです。
そしたら警察の方も以前より優しく親切になりました。同情してくれてる感じでした。
私が電話でもグジグジ言っているのをずっと聞いてくれてたし、辛抱強い警察官だと思ってはいましたが、はっきり言うところは強いから緊張していたのが、急に優しくなると泣きそうになっちゃいました(>_<)
今になって考えると親切な警察官だったなぁと思います。

でも事故の目撃者が現れないと、結局五分五分になっちゃうんですって(T_T)

警察の聴取は終わりました。

いまだに相手の記憶がちょこちょこ変わって、警察の担当の方の名前も出して巻き込みながら、保険屋さんに色んなこと言っています。
相手の保険屋さんもファックス送ったあたりで「主張はこのままでいんですか?」って聞いたらしいです。

どうにかなるのかな~。
早く決まらないかな。。。



車がなくなった次の日の朝の散歩で、オウは普通でしたが、ぼたんとつばきがいつも車のあるところに車がないのに気が付いて、“車がない~!”ってキョロキョロ探していたのが可笑しかったです(*^_^*)

新しいワンワンカーも来ました。セレナです(^^) 
車が来た時もぼたんとつばきは反応しました(*^_^*)
まだ仕事が忙しくて川遊びとカフェに行ったくらいでワンコたちはあんまり乗っていません。
涼しくなったらどっか出かけたいなぁ。
ステッカー新調しないと♪


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
00 : 58 : 10 | 日常 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。