スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
健康診断
2012 / 04 / 28 ( Sat )
ぼたんが、痩せたように感じ、先日吐いて大変な日もあったので、血液検査してきました(^^)


結果、体重は27kg。
血液検査結果に、大きな異常はありませんでした。
コレステロール値が少し高めは指摘されたので、甲状腺機能低下症の話になり、これまでの経過を話すと、様子見でいいか、少量でも薬をあげた方がいいか、検査してみることになりました。
結果は来週です!

大したことなくて安心した?
スポンサーサイト
20 : 47 : 32 | 病気・アレルギー・健康管理 | page top
マスキン水
2008 / 10 / 25 ( Sat )
病院ジプシーをしていた頃に、ぼたんの耳が洗浄してもすぐ汚くなるのでおかしいと思って病院へ連れて行ったら、耳そうじして終わり。すぐ汚くなるからおかしいって思って連れて行くと、耳そうじをもっとこまめにやってくださいって言われて終わり。

ネットで色んなブログを読んだり、動物病院のHPを見たりしてマラセチアなんじゃないか~って疑って
他の病院へ連れて行ったら、マラセチアとすぐに診断されました。

その先生に教えてもらった、耳そうじに“マスキン水”。その時病院でもらってきたのですが、安い!
「大型犬にノルバサンオチックとかやっていたら高くてたいへん。ノルバサンオチックの入れものとかをとっておいて入れ替えて使うと耳そうじもしやすい」って教えてくれました。
↓は最近、薬局で購入したものです。
2008_101800091.jpg   2008_101800092.jpg
でも疑い深い性格の飼い主は、説明書きをよく読んでいると、耳には使用してはいけないって書いてあるんです。
病院でもらってきた時もすぐに電話で確認をとりました。
すると、
「専門の先生が論文の中で書かれていたので大丈夫ですよ。」
人間への注意書きであって、人間の耳と犬の耳はつくりが違うので大丈夫だそうです。たしかに人間の耳そうじと犬の耳そうじとは違いますよね・・・。
最近見た猫の耳の病気の論文の中に「0.05%クロルヘキシジンは、犬において鼓膜が損傷しても聴神経毒性をもたないと報告されているが、」という一文があったので、より安心しました。


今は猫のことなどもあって↑の先生ではないところにかかっているのですが・・・。

少し前に、ぼたんの耳の汚くなるのが早くなってきていて、イヤースコープで見るとおく~の方がタダレていたんです。洗ってもイマイチよくならないので病院に連れて行くと、ぼたんがちょっと抵抗して嫌がっているので先生は手前の方しか見えてないように感じるのです。そして洗って終わりでした。
肥満細胞腫をとった方の耳であることも飼い主は気になっているのですが、先生はなんだかあんまりよく見てくれない。

それで、まずは洗浄をしっかりしてみよう!と以前かかった先生を思い出して購入してみたのです。
また病院ジプシーっていうか、またマスキン水を教えてくれた先生のところに行ってみようかなぁと思ったりします。
(病院が3つもでてきてややこしい話ですね・・・。)
00 : 34 : 51 | 病気・アレルギー・健康管理 | page top
甲状腺機能低下症の薬量
2008 / 06 / 25 ( Wed )
甲状腺機能低下症のぼたんの薬のことをまとめて書いてみます。
フードなど考えて代えたりしてもずっとコレステロール値が高いのが気になっていたぼたんがT4検査をして甲状腺機能低下症と分かったのが、去年の7月です。
病院に犬用の薬がない為、アメリカから輸入する間、チラーヂンS100を1日2回6錠ずつ飲むことになりました。
9月にアメリカから輸入した薬が届き、チラージンと同じ成分量だと1日2回1錠ずつになりました。
1ヶ月に1度T4検査をしていましたが、値が正常値で安定しているので検査が3ヶ月に1度になりました。
12月に病院へ行った時に冬なのにぼたんの毛が薄くなったような気がすると伝え検査をすると正常値でした。病気が分からず薬をあげていなかった時もこのようなことはなかったので、薬が多いということはないか聞きましたが、薬が効く課程かもしれないし、先生には少ないとは感じられない(たぶん飼い主しか感じないくらい)から1ヶ月くらい様子を見てみるということになりました。
1月になると、おしりの辺りの毛がかなり少なくなりました。そしてつばきのようないたずらをするようになりました。カバーをビリビリに破いたり、本をバラバラにしたり…。
そしてこんな資料を見つけました。
「ゴールデン・レトリバーは他の犬種よりも甲状腺機能低下症における甲状腺製剤の要求量が少ない」

ぼたんのお母さんはゴールデン・レトリバーです。↑によると、「ゴールデンの場合、推奨量でも過剰投与になり中毒症状がでることもある」とありました。

甲状腺機能低下症でも毛は抜けるのですが、薬をあげていなかったときに毛が抜けるという症状はでていなかったし、薬による甲状腺機能亢進症でも毛が抜けるしイライラするから、先生に資料を持って行って伝えました。
聞いたことがないので、調べてみるからそれまでは薬を減らさないように言われました。

先生が文献なども調べてみても分からない部分はあるようですが、信頼できる先生の資料なので試してみる価値はあるということで、薬を半分にすることになりました。
トータル1日1錠です。
すぐには変わらないけれど、薬量だったのなら1ヶ月過ぎれば変化が現れると言われたとおり、1ヶ月後くらいから毛が増えていきました。1ヶ月たたなくても毛が抜ける量に変化があったので薬量だということは確信していました。
CA390001(2).jpg

毛が少なかった時。


でも写真だとあんまり分かりませんね~。
今では、フサフサにすっかり戻っていますし、半分の薬量でも十分元気です(*^_^*)
00 : 29 : 21 | 病気・アレルギー・健康管理 | page top
ぼたんの歯 と つばきのしこり
2008 / 05 / 24 ( Sat )
今日はふたり揃って病院です(>_<)
CA390078-1.jpg

今日も混んでるみたいね~。


つばきの背中にしこりがあったのですが、それほど大きくならず変化がないので観察していたのですが、他の場所にも小さいしこりを見つけてしまいました。それで細胞診をしに行きました。
結果は、両方のしこりとも以前と同じ表皮嚢胞でした。普通は、真皮から表皮→角質へとフケなどで排出されるものが、途中で嚢胞をつくって溜まってしまうというものです。心配ないものなので、注射の針でつぶして絞りました。先回とはまた別の場所なので、できやすいようですね。
悪いものでなくてよかったです(*^_^*)

そしてぼたんは、何を噛んだのか…前歯にヒビが入ってしまいました。
ぼたんは唯一(たぶん)嫌いなものがあります。それは花火です。特にロケット花火の音。
だれかだか分かりませんが、最近夕方にロケット花火を家の奥の方にある畑に向かって打っているんです。ぼたんは嫌がって暴れるからどこかにぶつけたのかもしれません。
先生に見せると、ヒビが入った場所から雑菌が入って中で膿瘍ができてしまったり、歯石がつきやすくなったりするので、治療というと歯を抜くことになるそうです。膿瘍になったらポロッととれるでしょうけど、膿瘍ができてしまうと面倒なことに。今はしっかりした歯なのでとるとなると、麻酔をしてガリガリととる手術だそうです。すぐに歯肉がおかしくなるわけではないとのことだったので、一応見積もりをもらって考えることにしました。
どうしましょうね~。
21 : 34 : 38 | 病気・アレルギー・健康管理 | page top
元気になりました♪
2008 / 04 / 05 ( Sat )
軽い腸炎だったようで、薬を飲み始めて4日目くらいから便が形になってきました。

女王つばきがオウにごはんを奪われそうになったり、上をまたがれたりしても怒らなかった時は、とても心配しました。つばきに元気がないことがそんなことで分かるなんていうのもなんですが・・・。
女王つばき復活!
王様になりたいと密かに狙っているオウはつばきが元気でない間、王様ぶりを発揮したのですが、それも3日で終わりました(^_^;)

ごはんはふやかしてちょっとずつ増やし1週間くらいでいつもの量に戻しました。アレルギーの為にあげている乳酸菌を今は毎食あげています。
人間もそうだけど、体調を崩しやすい時期なのかな~。
原因は、散歩の時のクンクンかな~。気をつけないと。
21 : 24 : 44 | 病気・アレルギー・健康管理 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。